RECOMMEND2015/12/11

※冬物取扱注意点※

皆様!!こんにちは♪

新宿マルイメンの大竹です☆

12月に入り早くも10日が過ぎてしまいましたね(;゚ο゚)!!

気温もかなり低くなり、もうアウター等の冬物アイテムをゲットした方もいると思います。

特にお気に入りのアウターは長く使いたいですよね??

そこで!!今回は意外と知らない冬物アイテム(アウター)の取扱方法について

ご紹介しようと思います。

ということで、ま、ず、は!!

ウールコートについて紹介します(o^-')b

ウールコートといえば皆さんPコートやトレンチコート等お持ちですよね??

よく「毛玉ができちゃって、、」「シワが取れない、、」なんて質問を聞きます。

実はこの悩みは日々の細かい積み重ねで軽減できちゃいます!!!

20151211_sendaiF_1.jpg

毛玉が出来る→こまめにブラッシングしましょう。その日に付着したホコリなどが

          毛と絡まって毛玉が出来てしまうので、それを未然に防ぐ為に

          ブラッシングをすることが一番オススメです♪

シワが取れない→蒸気の出るブラシやスチームアイロンなどで蒸気を当てましょう。

            そうすると生地がリフレッシュしてちょっとしたシワなら取れちゃいます。

           そして、1日着たらハンガーにかけてしっかり休ませることも重要です。

           ハンガーにかける際もポケットに物が入っていたりすると型崩れの原因に

           なってしまうこともありますので、その辺りも気をつけると

           より長くお気に入りのコートを着ていただけると思います!!!

           ちなみに湿気などは、ウールの弱点なのでたまにはクリーニングに出して

           乾燥させ生地に呼吸させてあげましょう。

そして、冬の定番ダウンコート!!

軽くて動きやすく、そして何より暖かいダウンコート。冬には欠かせないですよね?

そんなダウンコートでよく聞くのが「ダウン(羽毛)のふくらみが無くなる」、

「クリーニングの仕方が分からない」など、主に洗濯、保管方法についてです。

なので、そのやり方をご紹介します!!

shinjyuku_20151211_2.jpg

ふくらみが無くなる→理由としては雨、雪などの影響で湿気を多く含んでしまうことが主な原因

             です。ですので風通しの良いところで陰干しして

             よく乾燥させてからハンガーにかけて保管しましょう。

             1日着用したら次の日は別のアウターを着るなど

             ローテーションしながら着るとダメージを軽減できますよ。

             あと天候に関係なく着用後には微量の汗などで湿気を含んでいますので

             着用したら乾燥させるように心掛けるといいですね♪

             畳んでしまう際はダウンコートの上に他のものを乗せないようにして

             余り圧力をかけないようにしてみてください。

「クリーニングの仕方」→ちょっとした汚れなら、白い布等をお湯で湿らせて拭き取ると

             いいです。拭き取った後はもちろん陰干しをして乾燥させてから

             しまってもらいたいですね。あとは記載されている洗濯表記を確認して

             クリーニングに出すのが間違いないです。ファーがついているタイプで

             取り外すことが可能であれば外した状態でクリーニングに出してください。

             (クリーニング代がお安くなります!!笑) 手洗いが可能なら洗った後に

             平らな場所に広げて乾かしてください。その際にダウンが偏らないように

             叩いて均等にするといいですよ!!

shinjyuku_20151211_3.jpg

ご紹介した方法を活用して、お気に入りのアウターを

たくさん着て頂ければと思いますので、是非試してみてください♪

ちなみに!!今年はまだ冬物を買っていない方がいましたら

ニコルのお洒落アイテムを見にいらして下さい。

カッコいいのが揃っておりますので!!

それでは、皆様の御来店を心よりお待ちしております★

PAGE TOP