BLOG2017/10/19

男心をくすぐる洋服

ブログをご覧の皆様こんにちは!

イオンモールむさし村山店の河野です。

雨で天候も不安定な日が続きますが、いかがお過ごしですか。

急に気温が下がった事で、羽織物が必要な方多いと思います。

そして、今シーズンは何を買おうかと迷っているかたもが多いのではないでしょうか。

エレガント・リラックス・スポーティ......、さまざまなスタイルがミックスされている最近のファッション事情

色々目移りしてしまいますが、私的には今シーズンは「男心」を選ぶキーワードにしていただきたいと考えています。

その男心をくすぐる洋服が多い国、イギリス。

英国物といえば、洋服のこだわりを強く感じ、語りたくなるアイテムが充実しています。

その中でも今回は、こちらをご紹介致します。

<LAVENHAM(ラベンハム)>。

20171019_GPmurayama_1.jpg

<LAVENHAM>...1969年に、ロンドンで生まれた乗馬具業界での地位を確立したブランド。

乗馬する騎手の為に、軽くて丈夫で温かいモノをと作られました。

ラベンハムは現在世界中で高いデザイン性と安定した品質で高い評価を得ています。

キルティング生地から自社工場で作っている為、耐久性に優れた素材を厳選して使用し、一着ずつ丁寧に作る製品は実用的で耐久性に優れています。

定番のダイヤモンドキルトはダイヤモンド型の角を交差させることによりほつれを防いだり、

伸縮性のあるナイロン上糸と、ほつれを防ぐために毛羽立たせたポリエステル下糸を使ったりしています。

ラベンハムのジャケットは約10年間の使用に耐えるよう、生地、スタッド、ウェッビング等を厳選に選び、
1着ずつ丁寧に縫われていきます。その途中、何度も検品をし、最終的に残る高品質な物をお届けしています。

今でも人気を誇るブランドです。

まずは、ラベンハムではポピュラーなモデルである「DENHAM」。

20171019_GPmurayama_2.jpg

品番:6469-3752

価格:¥40,000+税

裏地にボア起毛素材を使用したなんともゴージャスな仕様となっております。

袖裏までしっかりボアが使用されているため、羽織るだけで感じるその温かさに驚くはずです。

たとえるならば、毛布に包まれているような心地良さ。

20171019_GPmurayama_3.jpg

袖を通したときの感覚が気になるかたもいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

ボアの滑りが良く、スムーズに袖が通ります。

厚手のニットやジャケットの上に羽織っていただくのも問題ありません。

次にご紹介させていただくのは、一風変わったノーカラーのキルティングジャケット。

20171019_GPmurayama_5.jpg

品番:6469-3751 価格:¥39,000+税

定番のダイヤモンドキルトパターンとは異なり、ミリタリーウェアで見かけるようなアーミーキルト仕様というところが男心をくすぐります。

ノーカラージャケットの感覚でコーディネートをお楽しみいただけるので、Vゾーンからインナーを見せることで、さまざまなコーディネートが楽しめます。

上品なニットでのコーディネートも素敵ですが、フードパーカのようなスポーティなアイテムとの組み合わせも面白そうですね。

20171019_GPmurayama_4.jpg

只今イオンモールむさし村山店では、10/14(土)~10/22(日)の期間、「イングランドFES」を開催しております。

期間中、イギリスブランドアイテムの対象商品を10%OFFさせていただきます。

これからの季節、気温も下がってきて、いよいよアウターやニットを選ぶ時期です。

今回のブログをご覧いただいて、英国物に興味を持っていただけたら幸いでございます。

是非、店舗に見にいらして下さい。

心よりご来店お待ちしております。

PAGE TOP